飛行機の自家用操縦士免許と事業用操縦士免許の違いについて


飛行機の免許には大きく分けると二つの種類が存在しており、自家用操縦士免許と事業用操縦士免許があります。どちらの免許を取得しようか迷っている人も多いかと思いますが、実際に免許を取得する時に迷わないようにするためには違いについて知っておくことが大切なので、ここでは自家用操縦士免許と事業用操縦士免許の違いについて話します。

まず自家用操縦士免許とは免許を取得すれば自由自在に飛行機の運転をすることができるようになります。しかし、自家用になるので、基本的にはこのライセンスだけでは航空会社などに就職をすることはできないのが現状です。その為、趣味で飛行機の免許を取得したいと思っている人は自家用操縦士免許でも問題ありません。

しかし、中には飛行機の免許を取得して就職までしたいと思っている人は自家用ではなく、事業用操縦士免許を取得する必要があります。この免許を取得することができれば、例えば公務員パイロットにもなれますし、民間企業のパイロットとして就職をすることが可能になります。

このように二つの免許でそれぞれ違いがあるので、後悔しないためにも自家用操縦士免許と事業用操縦士免許の違いについて把握しておくといいでしょう。