Category Archives: 未分類

飛行機の操縦士になるならスクール選びにもこだわろう


飛行機の操縦士として将来的に働きたいと思っている人は事業用操縦士免許を取得しなければなりません。取得するためにはスクールに通う必要がありますが、日本国内だけでも免許を取得することができるスクールはいくつか存在しています。スクールによって違いがいくつかあるので、選ぶときに失敗しないためにもチェックしておくことが大切です。

では、実際に選ぶときにはどんなポイントをチェックするといいのかですが、1つ目は試験の合格率です。スクールによって合格率は異なりますが、どちらかというと合格率は低いよりは高いところを選んだ方が安心感はあるのではないでしょうか。もちろん勉強をしないことには合格することはできませんが、学校の選び方も合格するためには重要になるので、なるべく合格率は高いところを選ぶようにするといいでしょう。

またスクールの雰囲気もチェックしておきましょう。例えば分からないポイントがあれば聞くことができる環境であるかどうかなどスクールの雰囲気も重要になります。失敗しないためにも通いやすい雰囲気や勉強しやすい雰囲気であることをチェックしておきましょう。

このように、スクール選びも大切になるので、しっかりと免許を取得するためにも慎重に選びましょう。

飛行機の自家用操縦士免許と事業用操縦士免許の違いについて


飛行機の免許には大きく分けると二つの種類が存在しており、自家用操縦士免許と事業用操縦士免許があります。どちらの免許を取得しようか迷っている人も多いかと思いますが、実際に免許を取得する時に迷わないようにするためには違いについて知っておくことが大切なので、ここでは自家用操縦士免許と事業用操縦士免許の違いについて話します。

まず自家用操縦士免許とは免許を取得すれば自由自在に飛行機の運転をすることができるようになります。しかし、自家用になるので、基本的にはこのライセンスだけでは航空会社などに就職をすることはできないのが現状です。その為、趣味で飛行機の免許を取得したいと思っている人は自家用操縦士免許でも問題ありません。

しかし、中には飛行機の免許を取得して就職までしたいと思っている人は自家用ではなく、事業用操縦士免許を取得する必要があります。この免許を取得することができれば、例えば公務員パイロットにもなれますし、民間企業のパイロットとして就職をすることが可能になります。

このように二つの免許でそれぞれ違いがあるので、後悔しないためにも自家用操縦士免許と事業用操縦士免許の違いについて把握しておくといいでしょう。

飛行機の操縦士になる方法について


飛行機の操縦士になりたいという夢を抱いている人もいるのではないでしょうか。基本的に飛行機の操縦士は子供からも人気の職業で目指したいと思う人は珍しくありません。テレビなどでは飛行機の操縦士を主人公としたドラマなども放送されているので、その主人公に憧れて目指したいと思う子も珍しくありません。また飛行機は子供でも乗ることができる乗り物の一つです。例えば旅行をする機会は各ご家庭であります。自宅から近い旅行先であれば車や新幹線などを利用して移動することもありますが、自宅から1000km以上離れた旅行先や海などを越えて移動しなければならない場所に旅行に行く時は基本的に飛行機を利用することが多いです。

旅行をする時は基本的に連休を取ることができる時期になります。飛行機の会社の中には夏休みにはコックピットを利用者が閲覧できるように数分開放してくれるところもあるので、コックピットを見た子供の中にはいつの日か自分もこのコックピットでお仕事をしてみたいと考える子も珍しくないでしょう。しかし、実際にどのように努力をすれば飛行機の操縦士になることができるのかわからない人も少なくないでしょう。

例えば我々の身近な乗り物に自動車がありますが、自動車は18歳以上で自動車学校に通うことで、課題をクリアすれば自動車の免許を取得することができます。しかし、身近な場所に飛行機操縦士学校などを目にする機会は少ないです。今回はどのようにすれば飛行機の操縦士の免許を取得できるのかを紹介します。